応募する
Interview

社員インタビュー



業務系システムエンジニア

2018年4月入社 Oさん

ある程度経験を積んできたので、リーダー業務にも挑戦してみたいと思っています。

これまでの経歴を教えて下さい。

高校は情報処理科を出ました。最初に就職した会社は外資系金融企業でITとは無縁の仕事だったのですが、転職する際に自分の持っているスキルを活かそうと思いIT業界に飛び込みました。会社は転々としていて、前職ではJavaに特化した会社でJavaの研修を受けてJavaのエンジニアとして勤めていました。アイ・ディ・エイチには2018年4月に入社し、5つ目の現場で働いています。

転職先としてアイ・ディ・エイチを選んだ理由を教えて下さい。

1点目はお金の話になってしまいますが、『単価』=『実力』なので見合った給与が貰えることです。2点目は案件も豊富で、会社都合でのアサインはしないという点です。前職ではなかなか昇給せず満足する給与が貰えていなかったことに加え、稼働は高いのにスキルアップにつながらない案件にアサインされていたことが不満点でした。そのため、上記2点が転職時のポイントになりました。

アイ・ディ・エイチに入社して印象に残っている点はありますか?

1つ前の案件で携わったことのないC#の開発をやっていたのですが、環境自体が特殊だった為に画面の開発に相当苦戦をして、力不足を痛感しました。IT業界は色々なものが次々と登場するので、こういったケースが今後も発生すると思うので、勉強の仕方等は工夫が必要だなと感じています。

現在の職務内容について聞かせて下さい。

建設会社向けの会計システムの開発に携わっており、開発~テストまで担当しています。環境としてはJava、SpringBoot、Thymeleaf、jQuery、SQL Serverを使用しています。前の案件ではC#やSpringBootを久しぶりに扱ったため最初は戸惑いましたが、今は円滑に作業が出来ています。

今後、やってみたい仕事はありますか?

ある程度の設計、開発経験を積んできたため、今後はリーダー業務に挑戦してみたいと思っています。年齢的にそろそろ大きくスキルアップして業務の幅を広げたいと感じていることが理由です。まだ具体的なイメージは沸いていませんが、良きリーダーになれるようこれからも経験を積んでいきたいと思っています。

特殊な環境での画面の開発に苦戦したOさんは、この業界ではキャッチアップのための勉強が非常に重要だと語っていました。
自分には参考書等での勉強よりも実践の方が向いているが、それぞれに合ったスキルの身に付け方を見つけることが肝心、とのことでした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

新着インタビュー